# 学資保険は教育資金を貯めるのに良いです。

生活をして行く上で、保険は今や誰でも何かの保険に入っている事でしょう。私の夫は子供達の教育資金を確実に貯めたいとの事で、学資保険に二人とも加入しています。子供が産まれる前から加入出来るみたいです。子供が小さい時で、申し込んだ時の夫の年齢が若ければ若いほど、掛金は安く済みます。万が一夫に何かあった場合でも、その後の保険料は支払わなくていいみたいで、保障もしてくれます。保険会社によって返戻率が違います。やはり、返戻率が高いのがお得ですよね。普通に貯金をしてもそれ以上は貯まりませんが、支払った以上にお金が少しでも貯まるのはやはりありがたいです。大体満期でお金がもらえますが、入園、入学の度にお祝い金としてお金を出せます。私の子供が加入してるタイプは、18歳満期で、医療保険もセットになっています。確実に貯まるのは助かります。

学資保険も元本割れするらしい

テレビの番組で、学資保険の元本割れについて、裁判が行われていたことを知りました。保険会社の説明不足という理由で、和解となったそうですが、番組の出演者からは、元本割れが起きたこと自体に驚いていました。この保険は安心できる商品として、皆さんが多く利用しているのと思います。低金利のものだから、リスクはないと思っていても、実際は異なるようでした。長年の低金利時代が、保険の運用にも影響していて、こういう結果になってしまうのだそうです。事前に保険会社の人がどのような説明をしたのかは、わかりません。ですが、保険の説明というものは、素人にはわかりづらいものが多いと思います。担当者が説明したつもりでも、十分に相手に伝わっていないこともあります。今後、こういった保険について色んな問題が出てくるのかと、番組を見ていました。

こどもの将来に役立つ学資保険

わたしにも二人の子どもがいるのですが、将来の教育資金にはなかなか困っているのです。義務教育の期間である小学校・中学校の間においてはそんなにもお金は必要にはなってきませんが、それ以降になるとそれなりの金額が必要になってきます。高校受験に対応するためには塾にも通わせることになるでしょうし、高校に入ってからもそれなりにお金がかかってきます。そして一番の金額がかかってくるのが大学受験と入学以降になることでしょう。自宅から通える範囲にある大学や国公立大学なら低く抑えることもできますが下宿したり、私立大学に通うことになると金額は比較にならないほど高額になります。それに備えて我が家においては学資保険に入っています。これなら毎月決まった金額が積立に回りますので、安定した金額をためることができます。また会社や種類によって違いますが病気やけがなどの保障もついてますので万が一においても安心できるのでおすすめです。